映画『フェイス・ベースド』

イントロダクション イントロダクション

本作の監督を務めたのは、『フィアー・インク』(2016年)のヴィンセント・マシャーレ。
本作でW主演をつとめる、ルーク役のルーク・バーネットと、タナー役のタナー・トマソン、実はこのふたり、プライベートでも古くからの友人であり、その仲の良さから、数々の映画やCM・ドラマなどで共演を果たしている。しかも、本作では、“ふたりは幼なじみ”という設定。今まで以上に最高のコンビネーションを見せてくれている。 そんなふたりの相性が抜群すぎて、映画の中では、随所に“笑いの神”・・・ではなく、“映画の神”が降りてくる!?ダメダメ人生から抜け出すために、一発逆転を狙ってアクションを起こすふたり、最初はふざけていたのに、途中から本気モードにギアチェンジ。葛藤あり、仲違いあり、涙あり、最後はふたりで力を合わせて一途にがむしゃらに突っ走る!大人になると、誰しも一度は考える「人生このままでいいのか?」そんな疑問を吹っ飛ばしてくれる、最高の映画が誕生!

ストーリー

ルークとタナーは、小さい頃からの幼なじみ。時が過ぎて大人になった今も、その腐れ縁は続いている。そんなふたりは、特に目的もなく、仕事も適当で、何気ない人生を過ごしていた。
ある日、ルークは、勤務中に別の副業をしていたことがバレ、仕事をクビになる。
さすがのルークも遂に一念発起?親父が「映画制作は儲かるらしい」と話しているのを小耳に挟んだルークは、タナーを説得して、一緒に映画制作を始めることに。何のノウハウもない二人は、ネットで調べた制作会社を訪れて、どんな映画を作ればヒットするのか聞き出したりしていると、その会社から、「もし良い映画を作れたら2,000万円で買い取るわ」と言われ、より一層、その気になる。
とはいえ、制作資金も無く、キャストのあてもないふたりは、親父が大好きな俳優が我らの映画に出演してくれることになった!とウソをつき、親父をそそのかして、映画の制作費を出してもらうことに成功。しかし、そのウソはあっという間にバレて、親父は激怒り!いよいよルークとタナーの仲も崩壊寸前。
しかし、それでもあきらめないルークは、もはや金儲けのためじゃない!タナーのため・親父のため・みんなのために何としても映画を作る!そう意気込んで、再びみんなを巻き込んで走り出す!
起死回生・一発逆転はあるのか?
ルークとタナーは、夢描いた人生を手に入れられるのか!?

キャスト・スタッフ キャスト・スタッフ

出演
ルーク・バーネット
タナー・トマソン
ランス・レディック
ダニエル・ニコレット
ジェイソン・アレクサンダー

監督
ヴィンセント・マシャーレ

脚本
ルーク・バーネット

予告編 予告編

劇場情報 劇場情報

劇場情報はこちら